代表取締役 藤村 希

2002年 一橋大学商学部卒業
松下電器産業㈱(現・パナソニック㈱)入社。
携帯電話事業の営業・広報および新組織の企画業務に従事。社長賞を3度受賞
2017年 グロービス経営大学院(MBA)を成績優秀者で修了
地域活性化に目覚め、㈱ロコっちを設立。
2018年 中小企業診断士登録。
2019年 2030SDGsファシリテーター登録
ロコっち たまプラーザ編集長。
横浜市青葉区美しが丘在住。一児の母。

ジモト情報をもっと得やすくしたい

私が地域メディアプラットフォームを立ち上げようと思ったのは、2015年の秋のことでした。
当時私は、大企業で働きながら、グロービス経営大学院で学び、そしてプライベートでは当時4歳の息子の育児に追われていました。出産前は休日、都内や横浜の港の方によく遊びに行っていましたが、子どもが出来てからは、頻繁に遠出することは経済的にも、体力的にも、時間的にも厳しく、必然的にジモトのたまプラーザで過ごすことが多くなりました。

そこで、気付いたのがジモト情報の得づらさです。

休日を楽しく過ごすためのイベントを探そうにも、まとまっているサイトはないので、一つ一つ各施設のページをチェックしなければならない。他の地域メディアは区の単位がほとんどで、電車に乗らなければいけないエリアの情報ばかり。

「もっと手軽に、自分が必要な情報を得られるメディアがあれば。」

そう思ったのがロコっちが誕生したきっかけです。

ジモトのように今住んでいる街を愛してほしい

ロコっちのキャッチコピーは「ジモトがもっと好きになる発見サイト」です。そして、ロコっちのスタッフの名刺には必ず「ジモトはたまプラーザ」のように、今住んでいる街の名前が書かれています。

しかし、私の故郷は○○県だし、ここはジモトじゃない、とよく言われることもしばしばです。それでも私たちがジモトという表現にこだわるのは理由があります。

それぞれの故郷に思いを馳せつつ日々過ごしている方は少なくないと思います。いつかは故郷に帰りたい、故郷に何か貢献したい、そう思ってもなかなかそれが出来ない方も多いのではないでしょうか。

少なくとも、ここで育つ子供たちにとっては、今住んでいる街が故郷であり、ジモトになります。そして、親世代にも子どもたちと同じように、今住んでいる場所を故郷のように愛してほしい。そんな思いを込めてロコっちは「ジモト」という言葉を使っています。

ロコっちが発信する情報によって、みなさまのジモトライフがより便利で楽しいものになれば幸いです。

地域事業者の力でジモトを活性化

もうひとつ、ロコっちが力を入れているのが、地域の事業者のビジネスサポートです。

地域事業者の方お話ししていると、「最新サービスや、コストパフォーマンスのよい手法を導入すれば、もっと業績が伸びるのに」と、思うことが多々あります。そこで、メディアの広告だけではなくて、コンサルティングはもちろんのこと、補助金の獲得や、業務改善、HPの制作など、あらゆる側面から地域事業者をサポートしていくことにしました。

ロコっちは、住民への情報提供と、地域事業者のサポートで、地域の活性化に貢献していきます。

Contact Us

・ロコっちへのご意見やご感想
・広告や取材に関するご相談
・各種サポート業務に関する内容

などございましたら、気軽にお問合せください。